AGA治療薬で薄毛を治療する

AGA治療で有名なのが「プロペシア」と「リアップ」です。「プロペシア」は抜け毛も減るので、薄毛の改善が期待できます。「リアップ」は毛髪の成長を促し、薄毛を改善していきます。それぞれ効果が違うので併用して治療することで薄毛改善の効果が期待できます。

AGA治療薬の効果とは

time 2019/04/04

AGA治療薬の効果とは?

AGA治療薬は男性の薄毛改善に効果がある薬のことです。また、様々な種類があり効果や価格も薬によって異なります。

主な有効成分として知られているのが、フィナステリドと呼ばれるものです。男性型脱毛症は、ある男性ホルモンが原因で発症するのです。フィナステリドは、この男性ホルモンの働きを阻害してくれるため、薄毛を防止するのに役立ちます。

この成分を含む薬としては、プロペシアなどが有名でしょう。ミノキシジルも薄毛治療に効く成分ということでよく使われています。これは、もともと高血圧で苦しむ人向けのものだったのです。発毛促進の副作用があることが判明し、薄毛治療のための薬に使われるようになりました。

ミノキシジルを使っている薬にはロゲインなどがあります。AGA治療薬を使用する場合には、しっかりと専門医の診察を受け、適切な方法で服用しなければいけません。

そうしないと効き目を実感できないばかりか、思わぬ副作用を受けてしまう可能性もあるのです。

効果が期待できないこともある

AGA治療薬は、利用すれば絶対に薄毛を改善できるというものではありません。長期間継続的に服用することにより、頭皮の環境を整え徐々に改善を促していきます。

また、使ったら即座にフサフサになれるというわけではありません。あまり期待しすぎるのも禁物です。

そして、髪が生えたら後は放置して良いのかというとそんなことはありません。効果を持続させるには薬を服用し続けなければならない事ことも知っておくべきでしょう。

場合によっては、副作用が出ることもあります。

体質によっては効果が得られなかったりする場合もあります。必ず専門医の指導のもとに自分に最適な薬を選択してもらい服用しなければいけません。

実はAGA治療薬は、医師の処方を受けなくてもインターネットの通信販売などでも購入できてしまいます。

そちらの方が価格が安いです。医師の診察を受けるのは面倒なので、通販でお手軽に購入する方も少なくありません。しかし、安全性が担保されていないので、リスクが伴います。