AGA治療薬で薄毛を治療する

AGA治療で有名なのが「プロペシア」と「リアップ」です。「プロペシア」は抜け毛も減るので、薄毛の改善が期待できます。「リアップ」は毛髪の成長を促し、薄毛を改善していきます。それぞれ効果が違うので併用して治療することで薄毛改善の効果が期待できます。

AGA治療の費用を抑えるならジェネリック

time 2019/05/14

AGA治療の費用を抑えるならジェネリック

AGA治療薬には先発薬とほぼ同等の成分と効果を持っています。低価格で販売されているジェネリック医薬品もあり、費用を抑えたい場合には有益な選択肢となるのです。

プロペシアは、特許保護期間が満了したことから他社でも同様の成分の医薬品の製造販売が可能です。ジェネリックであるフィナステリドは、2015年に日本国内でも厚生労働省の認可を受けました。また、2016年からは有名製薬メーカー各社から同成分を含有した製品が先発薬よりもリーズナブルな価格で販売されているのです。

また、先発薬と全く同じ形態で販売されるとは限りません。価格を抑えた上にアレンジが加えられているタイプもあります。

ミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを主成分にした内服薬です。頭皮や毛髪への栄養が不足しているのが原因による抜け毛や薄毛に効果を発揮します。

外用薬と比較して吸収率が高く、身体の中から頭皮の血行を促進して栄養を与え発毛を促進します。

AGA治療のジェネリック薬で気をつけたいこと

AGA治療薬のジェネリック薬の利用はあくまでも自己責任となります。担当医から提案された場合を除き購入の際には細心の注意が必要です。

ジェネリックでも認可を受けていない製品の中には、不衛生な工場で生産されたものもあります。そのために不純物が混入し、思わぬ副作用が発生した事例もあるのです。

また、女性の間でも薄毛や抜け毛に悩んでいる方が増えていますが、AGA治療薬は男性向けの製品となっています。女性の服用が禁止されているものが多いほか、女性向けの製品は少ないです。

個人でジェネリック薬を使用する場合は、あくまでもクリニックで処方されたのと同系列の製品を使ったほうが良いでしょう。

多くのクリニックでは、患者さんからジェネリック薬を使いたいという申請があれば、対応してくれます。安全で適切な治療を行うためにも、専門医に相談しましょう。