AGA治療薬で薄毛を治療する

AGA治療で有名なのが「プロペシア」と「リアップ」です。「プロペシア」は抜け毛も減るので、薄毛の改善が期待できます。「リアップ」は毛髪の成長を促し、薄毛を改善していきます。それぞれ効果が違うので併用して治療することで薄毛改善の効果が期待できます。

AGAの治療薬は大きく分けて2種類

time 2019/04/24

AGAの治療薬は大きく分けて2種類

AGAの治療薬には大きく分けて外用薬と内服薬の2種類があります。専門のクリニックでは症状に合わせて適切な製品が選択されます。

外用薬は、ローションなどを頭皮に塗布し、有効成分を毛母細胞に届けて発毛を促します。

一方の内服薬は、身体の中から作用し、血行を促進して栄養素や酸素が届けられる環境を整えます。抜け毛の原因となる酵素を阻害します。

これら2種類のAGAの治療薬は、それぞれのクリニックで得意分野や独自のメソッドが提供されます。また、患者さんの毛質や体質などに合わせて適切な方法が選択されるのです。

その他にも、治療期間中の患者さんの生活の質も重視されます。独特の匂いがするのが苦手な人やお薬を飲むのが苦手な人であれば、相談することも可能です。

積極的に主治医に話をして心身ともにクリアにして治療に臨みたいところです。

治療薬の特徴について

AGAの治療薬にはさまざまな方法からアプローチするものがあります。症状に合わせて使い分けているのです。

AGA治療は、将来的に毛髪になり得る毛母細胞の働きを活発にさせます。ヘアサイクルを正常に整えて、新たな毛髪を生み出すのを促進するのです。

AGA改善は、新たな毛母細胞の産生や成長を促進して新たな毛髪を生み出すことで、可能となります。
脱毛抑制は、生えていても血行や栄養、酸素の不足から抜け落ちてしまうことで生じます。弱い毛母細胞を強化して、太くて丈夫な毛髪が生えてくるように促進するのです。

これらの能力が全て網羅された治療薬はなかなか存在しません。例えば、フィナステリドは脱毛を抑制しますが、発毛作用はないのです。一方、ミノキシジルは、発毛作用がありますが、脱毛の抑制作用は少ないとされています。

一般的な医薬品と同様にそれぞれにリスクとベネフィットがあります。クリニックで処方される場合は、担当医の判断により適切な製品が選択されます。